• HOME
  • MYRALS
  • SKINCARE
  • 乾燥肌さん必見♡パックにちょい足し!簡単に肌のうるおい度を高められる方法とは

乾燥肌さん必見♡パックにちょい足し!簡単に肌のうるおい度を高められる方法とは

外と室内の気温の差や、暖房によって肌の乾燥が気になるこのシーズン。乾燥肌さんはもちろんのこと、普段はそこまで乾燥が気にならない方も「ちょっとカサついているかも?」と気になってしまうことも多いはず。美肌に欠かせないのは肌のうるおいです。この冬もしっとりとうるおって、もっちりと弾力のある美肌を保ちたいもの。そこで今回は、普段のお手入れにちょい足しすることで簡単に肌のうるおい度を高められる方法をご紹介します。

どんなパックを使ってる?

今や、色々なパックが登場していて、その効果もとても期待ができるものが多いですよね。小袋に分かれているパックは主に美容液を含んだものが多く、大袋のものは美容液が含まれているものと、化粧水のみのものがあります。まずは自分が普段使用しているのは美容液のパックなのか、もしくは化粧水のみのパックなのかをチェックしておきましょう。

ちなみに、化粧水・美容液・乳液がこれひとつでOKとなっているオールインワンタイプのものを使用している場合で、肌の乾燥が気になるという方は、化粧水→オールインワンタイプのパック→美容液→乳液→クリームと、きちんとパック後の工程を省かないでケアしてみるのがオススメです。

化粧水のみのパックを使っている方

化粧水のみのパックを使っている方は、化粧水を塗らずにパックを貼ればOKと思いがちですが、まずは顔全体に手で化粧水を馴染ませて満遍なく、ハンドプレスしてからにしましょう。「化粧水のパックを使っているのに、なんで?」と思うかもしれませんが、乾燥が気になるということは肌の水分が足りていないということ。

『韓国美女のような美肌を手に入れる!『7スキン法』のやり方とおすすめトナー』でもご紹介したように、化粧水は1度しかつけてはいけないという決まりはなく、むしろ乾燥している方ほど重ね付けした方が良いのです。そして、パックの場合、顔全体といえども、どうしても目元周りや鼻周りに隙間ができてしまうので、そこの部分も含めて、土台となる化粧水をしっかりとつけてから化粧水パックでさらにうるおいを与えるのが理想的な方法です。

また、朝のケアでは、角質を除去してくれるさっぱりタイプの化粧水をコットンで使用しているという方も、夜のケアでは保湿効果の高いタイプの化粧水を手でつけることをオススメします。しっかりと温めて肌へ化粧水を飲み込ませる感覚でハンドプレスしましょう。そして、化粧水のパック後には美容液・乳液・クリームと省くことなくしっかりとケアを。アイクリームとリップケアも忘れずに!

美容液のパックを使っている方

美容液のパックを使っている方は、化粧水で肌の土台を整えた後、美容液の代わりにパックを使用していますよね。これは問題ありません。その時々の自分の肌状態に合わせて適切な美容液を含むパックをチョイスしましょう。化粧水のみのパックと比べてパックの使用時間が長めなのが美容液パックの特徴ですが、平均すると10〜20分のものが多いかと思います。

ただ、パックごとに記載してある使用時間は異なりますので、しっかりと確認しましょう。使用時間よりオーバーしてしまうと肌へ逆効果となってしまいます。そして、最大の使用時間までつけておくのもあまりオススメしません。というのも、パックをつけながらドライヤーをしたり、暖房の効いた部屋でパックをしている場合、最大の使用時間までつけておくと表面が乾いてくることがあります。ですので、最小の使用時間、もしくは中間の使用時間がベスト。

また、保湿効果が高いパックはパックの後、肌に馴染むまで時間がかかることがありますが、完全に肌に馴染むのを待たずに、適度に肌に馴染んだら乳液・クリームなど次のステップへと進みましょう。しっかりと保湿できる美容液パックは忙しい朝には中々できないものなので、できるだけ夜のケアに取り入れていくことで、肌のうるおいがグッと上がるはず。もちろん美容液パックを使っている方もアイクリームとリップケアも忘れずに!

パックにちょい足し!簡単に肌のうるおい度を高められる方法

化粧水のみのパックを使用している方も、美容液のパックを使用している方も、どちらにも使える簡単に肌のうるおい度を高められる方法をご紹介します。簡単なので是非試してみてくださいね♡

■STEP1.化粧水で肌を整えて普段通りにパックをする。
■STEP2.パックの上からフェイスオイルを顔全体に馴染ませる。

そう、簡単2STEPなんです。普段のパックするという工程を省けば1STEPプラスするだけ!とっても簡単ですよね?♡オイルのベタつきが苦手という方でもこの方法ならば、ベタつきは気にならずに肌への浸透をよくしてくれる効果を得られます。ちなみに、美容液のパックを使っている方は、フェイスオイルではなく乳液でもOKです。パックをしている間に油分も同時に与えてあげることでうるおい溢れる美肌へと導いてくれます。

乾燥知らずのうるおい肌へ

肌の乾燥がひどくなると、メイクのノリも悪くなってしまいます。これからのシーズンはクリスマスに忘年会、年越し、お正月とたくさんのイベントがあり、久しぶりに会う人もたくさんいますよね。「綺麗になったね♡」と言ってもらえるように、今のうちからスキンケアに力を入れていきましょう!

MYRALS 編集部

MYRALSは大人女子のための美容情報サイトです。 美の基準を上げるサポートするため"自分のリアルを高めよう"をテーマに、美容ニュースやコスメ情報などいつま...

プロフィール

関連記事一覧