• HOME
  • MYRALS
  • COSME
  • ずっと綺麗な唇のまま♡リップタイプ別に落ちにくい塗り方をマスター!

ずっと綺麗な唇のまま♡リップタイプ別に落ちにくい塗り方をマスター!

リップメイクが落ちてしまうと途端に老け見えしてしまったり、疲れ顔になってしまうこと、ありますよね。
落ちづらいリップアイテムが様々なブランドからたくさん登場していますが、それでもやはり食べたり飲んだりしたら落ちてしまうことも。
でも、もしかしたらその原因、落ちづらいリップアイテムの効果を最大限に発揮できていないからかもしれません!
効果を持続させ、食べたり飲んだりしても極力綺麗なままの状態のリップメイクを保つためには、リップアイテムのセレクトに加えて、アイテムの特徴に合った塗り方が大切なんです。
今回はリップのタイプ別に合わせて、美しいリップメイクを持続させるテクニックをご紹介します!

落ちにくいで有名!ティントリップ

落ちにくいリップアイテムの代名詞といえば、ティント。
こちらは特にこれといったテクニックいらずで理想のリップメイクを叶えられる優秀なアイテムです。
ただ、ティントは油分と混ざり合うと落ちやすくなってしまうことがあるので、何もつけていない状態のすっぴん唇に塗るとより効果が持続します。
ついつい、乾燥防止に…とリップバームを塗ってからリップメイクを初めてしまいがちな方は気をつけて!
最初に唇の真ん中にティントをのせて、リップラインギリギリよりも、少し内側までを意識して伸ばしていくと綺麗に仕上がります。
最後に指の腹でリップラインの部分をぼかすようなイメージでポンポンっと馴染ませれば、韓国美女のようなふっくらしたリップメイクが簡単に完成しますよ♡

塗りやすい!クレヨンリップ

様々なブランドから登場している人気のクレヨンリップ。リップを塗るのが得意ではないという方でもクレヨンタイプなら上手に塗れるはず♡それくらい、塗りやすいタイプのリップです。
そして、アイテムによって異なりますが艶感のあるクレヨンリップは派手な色でも意外とナチュラルに仕上げられるのが特徴です。
だからこそ、今まで挑戦したことがなかったカラーなどを試してみたい時はクレヨンタイプのリップを購入するのがおすすめ。ナチュラルに仕上がるので見慣れないカラーでもなじみやすくなります。
最初は、リップラインに沿って直に塗っていき、そのあとで指の腹でポンポンっと唇に2度塗りしていくと落ちにくくなります。
より高発色にしたい場合は、1度塗った後にティッシュで軽く押さえて表面の油分をオフしたあとで指での2度塗りをしていくと、鮮やかに濃く仕上がります♡
1度目に塗るカラーと2度目に塗るカラーを変えて、2色のカラーをミックスして自分だけのオリジナルリップメイクにするのもおすすめです。

大人女子唇なら!スティックリップ

リップアイテムの中でもやっぱり1番カラーバリエーションが豊富なのはスティックタイプのリップ。王道です。
スティックタイプのリップはアイテムによって細めのものと太めのものがあります。まだ細いタイプのものは直塗りでも塗りやすいのですが、基本的に高発色のためリップラインからはみ出してしまうという失敗も多いもの。
そんな失敗をなくすためにも、そして色落ちさせないためにも、リップブラシはマストです。
唇の中心から口角の方へリップラインをなぞっていき、その後で内側にも塗っていきます。
リップラインが綺麗にとれることで、大人女子ならではのきちんと感溢れるセクシーな唇に仕上がりますよ♡
ポイントは1度全体に塗った後でティッシュをあて、表面の油分をオフ。そして2度目はリップブラシで唇の縦じわに沿ってリップを塗っていくと、色落ちを防ぐことができます。

Q:リップが歯についちゃう!対処法は?

A:内側までしっかりと、そしてたっぷりと塗っていくと歯にリップがついてしまうことってありますよね。
ティッシュを2つ折りにして唇で挟む…という方法もありますが、そうすると多少色が薄くなってしまいます。
そんな時は、唇の内側部分を少しだけ舌で触れ、唾液で濡らすとリップが歯につくことは無くなります。

 

血色が悪く見えてしまったり、老け見えしてしまうリップの色落ち、避けたいですよね。それぞれリップの特徴に合わせた色持ちをキープさせる塗り方で、素敵な唇で過ごしましょう!

関田 知子

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧