• HOME
  • MYRALS
  • COSME
  • 【HOW TO】カラーメイク初心者さんにオススメ!失敗しないオレンジアイシャドウで開運メイク♡

【HOW TO】カラーメイク初心者さんにオススメ!失敗しないオレンジアイシャドウで開運メイク♡

定番のブラウンアイシャドウばかりの方や、カラーメイク初心者さんにオススメ!ちょっと雰囲気を変えたいときや、トレンドのカラーメイクを取り入れたい時に選ぶべきは…「オレンジアイシャドウ」です♡

上級者向けのピンクやブルーなどのカラーと違い、オレンジは定番のブラウンと同じくらい肌馴染みが良い上に、華やかさもあるため、目元をパッと明るく垢抜けた印象にしてくれます。

そこで今回は、誰でも簡単にできる!失敗しない「オレンジアイシャドウ」のメイク方法をご紹介します。

カラーメイク初心者さんにはパレットがオススメ

カラーメイク初心者さんには、同色系のカラーがまとまっているパレットがオススメです。いくつものアイシャドウを使うとなると、チグハグになってしまったり、どれを組み合わせたら良いのか分からなくなってしまいがち。

しかし、SETになっているパレットなら、ひとつでOK!コツさえ掴めば、捨て色なしに使えるパレットはお得でもあります。お泊まりや旅行など外泊の際にもパレットひとつで済むので、かさばらずにカラーメイクを楽しむことができます。

今回使用するのは…

今回使用するのは、「bareMinerals(ベアミネラル)」の『ジェン ヌード アイシャドウ&ブラッシュ パレット オアシス』というオレンジ系のカラーがまとまったアイシャドウとチークカラーのパレットです。

オレンジをベースに、ブラウンやゴールドなど、使いやすいカラーテイストでまとまっています。こちらはアイシャドウだけでなく、チークカラーも一緒になっているパレットなので、使いやすさも◎!そしてブラシは『エキスパート シャドウ&ライナー ブラシ』これ1本でOK♡こちらも「bareMinerals」のものなのですが、平たい筆先と斜めカットの筆先が両端についている2WAYタイプなので、これさえあればアイメイクが完成するとても使えるオススメのブラシです。平たい筆先は適度なコシと大きめの形状で、アイカラーをしっかり発色させて、ブレンドすることができ、斜めカットの筆先は、ウェット・ドライの両方に使えて、ラインもしっかりと描くことができます。

【HOW TO】失敗しない!オレンジアイシャドウで開運メイク♡

STEP.1

まずは平たい筆先に、こちらの『DREAMY』というベージュカラーをとり、アイホール全体に広めにのせていきます。ほんのりパールが入っているのですが、キラキラしすぎないので、瞼の肌トーンを均等に整えて次にのせるカラーを美しく発色させてくれます。

STEP.2

上瞼のアイホール全体のトーンを『DREAMY』で整えたら、下瞼も目頭から目尻に向かって、同じく『DREAMY』でトーンを整えます。平たい筆先の先の方にアイシャドウをつけて立てるようにしてのせていくと、美しく下瞼にのせられます。

STEP.3

次に今回のオレンジメイクの鍵となる『DAY DREAM』を、平たい筆先で二重の幅より広めにのせていきます。『DAY DREAM』はとても発色が良いので、このカラーをのせると、すでに「オレンジメイク感」を実感するはず♡発色が良いですが、これからの工程で馴染ませていくので、多少濃くてもOKです。先ほど、STEP.2にて『DREAMY』をのせた下瞼と同じところに、『DAY DREAM』を上からのせていきます。

STEP.4

オレンジブラウンのような『STARSHINE』というカラーを上瞼の真ん中から目尻にかけて、平たい筆先でのせていきます。目尻のみ少し濃くするイメージです。下瞼の目尻側にのみ『STARSHINE』をのせて、上下共に目尻側を少し濃くしていきましょう。

STEP.5

斜めカットの筆先を使って、アイシャドウでアイラインを引いていきます。『EARTH』というマットな濃いブラウンを斜めカットの筆先にとり、目尻側3分の1当たりからのせていきます。目尻からスッと上に跳ね上げると、横顔も綺麗に仕上がります。

今回、アイライナーは使わずにブラウンアイシャドウでアイラインを引くため、少しオーバーなくらい跳ね上げても柔らかな印象になり、抜け感が出ます。

STEP.6

目元がぼやけないように、下瞼の目頭から黒目の下あたりまで、上のラインと同様、斜めカットの筆先に『EARTH』をとって、インラインを引いていきます。これを行うことにより、ぼやけがちなオレンジメイクを、アイラインほどきつくならずに、目元全体を引き締めることができます。斜めカットの筆先に残った『EARTH』をそのまま、下瞼の目尻の3分の1(三角ゾーン)にぼかしながらのせていきます。ここで新たに『EARTH』を筆先にとってしまうと、濃くなりすぎるため、インラインを引いた残りで、馴染ませる程度にすると自然とデカ目に♡

STEP.7

目元に煌めきを与えることで、運気もUP!新年に相応しく、キラキラのゴールドカラーの『GILDED』を指にとって、上瞼の中央にポンポンっとのせていきます。中央にのせ、そのまま目頭側と目尻側に馴染ませるようにのせることで、上瞼の全体にまとまりが出ます。黒目に輝きを取り込むために、斜めカットの筆先に『GILDED』をとり、黒目の下(涙袋)にものせていきます。ラメ感の強いアイシャドウは、トントンっと置いていく感覚でのせると散らばらずに、綺麗に仕上がります。

STEP.8

最後に『PINKHALO』というコーラルピンクを指にとり、頬にのせていきます。チークブラシを使わずとも、指だけで十分に綺麗に馴染むカラーな上、濃さも調節しやすいので、チーク初心者さんにオススメの方法です。今回は、開運メイクというテーマでメイクしたので、ニコッと笑った時に高くなるところから、目頭の方へ向かって馴染ませて可愛らしく仕上げます。チークを頬骨の方ではなく、目の下の方へと伸ばすと、愛され顔に♡

FINISH!

今回は分かりやすいように、半顔のみメイクしてみました。いかがでしたか?

いつもブラウンカラーばかりという方には是非、オレンジアイシャドウでカラーメイクを楽しんでいただけたらと思います。目元がパッと明るくなって、華やかさもあるのにくどくないアイメイクは、どんなシーンにもぴったりです。

アイシャドウをメインにひとつのパレットで仕上げたため、マスカラなどは塗っていませんが(※上はマツエクしています。)もし塗るとしたらブラウンカラーのマスカラが◎!アイラインも濃いブラウンアイシャドウで引いているので、マスカラもブラウンにすることで、より抜け感が出ます。

是非、試してみてくださいね♡

tomo.

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧