• HOME
  • MYRALS
  • LOVE
  • 結婚式迷子さん必見!大人女子のための自分らしいウェディングスタイルのヒント〜ENEKO TOKYO×SOPHIE ET VOILA〜

結婚式迷子さん必見!大人女子のための自分らしいウェディングスタイルのヒント〜ENEKO TOKYO×SOPHIE ET VOILA〜

年齢と共に、結婚式への捉え方が変わってきませんか?

友人の結婚式へ参列した経験なども増え、色々な結婚式が思い浮かび、いざ自分が式を挙げるとなった時、結婚式迷子になってしまう大人女子の方は多いかと思います。

そこで今回は先日行われた、“ファッション×食×ウェディング”の3つの視点から考える、究極の大人女子のための新しいウェディングスタイルをの形を提案してくれる、ウェディングイベントの様子と共に、「自分らしく。頑張りすぎない。ありのままで。」挙げられる結婚式のヒントをご紹介します。

自分らしい結婚式ってなんだろう?

結婚式を挙げよう!と決まったら、まずはみなさん式場探しをスタートしますよね。エリアを絞って、たくさんの式場の中からいいなと思った式場のフェアに行ってみるかと思います。

有力候補となった式場を、インターネットやSNSで検索して実際に挙げた先輩花嫁さんたちの画像や意見をチェックしたりとしているうちに、段々と「あれ?自分は本当はどういう結婚式を挙げたいのだろうか…。」と壁にぶち当たることも。

ホテルウェディングや、レストランウェディング、ガーデンウェディングなどなど、今や結婚式場の形も様々ですし、招待する人数の範囲によっても変わってきます。

もちろん女性にとってはウェディングドレスも重要なポイント。

決めることが多すぎて、相当なこだわりがない場合は色々と見ているうちに結婚式迷子になってしまうことが多いのではないかと思います。

働く大人女子も多い中で、仕事と結婚式の準備の両立、そしてパートナーとの意見交換などトータルで考えると、どっと疲れてしまって「もう結婚式を挙げなくてもいいかな。」と思う時もあるでしょう。

でも一生に一度の結婚式!やっぱり素敵な式を挙げて思い出を作っておいた方が良いに決まってますよね。恋人から生涯のパートナーへと変化することを改めて2人で実感することもとても重要ではないでしょうか。

従来の形に囚われすぎてない?

従来の結婚式というワードから思いつくのは、ふわふわのお姫様のようなウェディングドレスを着て、たくさんの招待客に囲まれ、新郎新婦がまるで芸能人になったかのような演出…そんなところかと思います。

もちろん、昔から“THE 結婚式”というウェディングスタイルに憧れを抱いていたのなら、それが1番です。

しかし、もう少し参列してくれたみんなと気軽にお話ししたいとか、親族と仲の良い友人数名のみのアットホームな式にしたいとか、お姫様のようなウェディングドレスに少し抵抗があるとか、思うところは人それぞれ。

今まで参列してきた結婚式で、「こういうの、いいなぁ。」と思う部分もあれば「こういう風にはしたくないなぁ。」と思う部分もあるでしょう。

結婚式に対しての経験値が上がっている大人女子だからこそ、思うところもたくさんあるはずです。

ついつい、従来の形“THE 結婚式”というウェディングスタイルに囚われすぎてしまうこともありますが、結婚式は十人十色。同じ式場で挙げたとしてもひとつとして同じ結婚式はありません。

あくまでも結婚する2人が作る、やりたいようにやる、その上で、参列してくれる方々へのおもてなしの気持ちを込める、これが大切なのではないでしょうか。

自分の美しいパーツを魅せるウェディングドレス選びのポイント

先日、国際的な六本木・西麻布に3年前にオープンしたスペイン・バスク地方のミシュラン三つ星レストラン“アスルメンディ”シェフ エネコ・アチャが手掛ける、バスク料理レストラン「ENEKO TOKYO」にて行われたウェディングイベントでは、有名雑誌やファッションブランドのカタログ、著名人のスタイリングなどを手掛ける人気スタイリストである佐藤 佳菜子さんのトークショーも行われました。

先ほど述べた従来の結婚式の形に囚われすぎている、私たち大人女子の頭を柔らかくしてくれる佐藤さんのお話に、思わず「なるほど!」と頷いてしまう素敵な内容だったので一部抜粋してご紹介します。

お姫様のようなウェディングドレスを着る必要はない!?

まず、佐藤さんは「無理してふわふわのお姫様のようなウェディングドレスを着る必要はない。」と!というのも、「その人その人によって美しいパーツは異なるもので、年齢によっても美しいパーツは変わるもの。」だから。

確かに、自分が自信のあるパーツは人それぞれだし、年齢と共に、昔より自信があるパーツもあればないパーツもありますよね。

自分の自信のあるパーツはどこ?

「“私はデコルテは見せたくないけど、スラッとした腕は見せたい。”とかそういうところから、自分に似合うドレスを探していく。」のがオススメなんだそう。

今イベントが開催された「ENEKO TOKYO」が日本にOPENするきっかけとなった、スペインのドレスブランド「SOPHIE ET VOILA」タイアップイベントだったこともあり、会場には「SOPHIE ET VOILA」の新作ドレスがズラッと並んでいたのですが、これまた驚き!

ウェディングドレスの固定概念を良い意味で崩してくれます。上質でしっかりとした素材が身体のラインを美しく魅せてくれることは、手にとらずとも見るだけで分かるほど。

シンプルの中に上品さがあり、そしてただシンプルなだけではない、自分の美しいパーツを魅せることができるデザインが豊富。「SOPHIE ET VOILA」のウェディングドレスを見ると、佐藤さんが言っていた意味がとても良く分かりますし、おそらく普通の式場で連携しているドレスブランドでは出会えないデザインのものばかりなのです。

カラードレスは明るい色って誰が決めたの?

お色直しのカラードレスも、レッドやピンク、オレンジなどありきたりなカラーではなく、ブラックやネイビーなど、「こういうドレスに出会いたかったの!」と思うものがたくさん。

ウェディングドレス迷子になってしまっている方は、まず自分が見せたいパーツはどこだろう?と探してみて、その上でデザインを選んでみるのがオススメです。

また、理想のドレスに出会えないという方には、是非「SOPHIE ET VOILA」のドレスを1度チェックしてみることを心からオススメします。

参列者のみんなが喜ぶ結婚式って?

式場やウェディングドレスなどと比べるとついつい後回しになってしまいがちなのが、当日のお食事。もちろん、試食会などで味をチェックすることは当然ですが、結婚式のお食事はどこも結構固定化されていますよね。

今まで色々な方の式に参列したことがある大人女子のみなさん、「お食事にもとってもこだわりました!」という式をパッと思いつきますか?お食事の印象はどうでしょうか?

と聞かれると、「うーん…?」と考えてしまいませんか?

もちろんどの式も素敵ですし、思い出として記憶には残っていますが、「○○ちゃんの式のお食事はとても印象に残っている!」というケースは少ないかなと思います。

前菜から、スープ、お肉、お魚のメイン、デザートなど、いわゆる“THE 結婚式”のフルコースというのがほとんどかな、と。

美味しくいただいて、お腹いっぱい!な記憶はあっても、「あのメニューは本当におしゃれで美味しかった!また食べたいな。」と思うメニューという感じではないというのが正直なところ。

参列者の記憶に1番残る式にするには?

「ENEKO TOKYO×SOPHIE ET VOILA」のウェディングイベントにて、ウェディングプランナーさんに色々とお話を聞いていると、参列者にとってより思い出に残るものって実は、お食事内容なんだそう。見た目が可愛いのはもちろん、年配の方にも重くない野菜をふんだんに使ったお料理を選ぶなど、お食事にもこだわった式の方が断然、素敵なおもてなしができるんだなぁと感じました。

「このシェフのお料理で参列者のみんなをおもてなししたい!」と、そういう考え方ひとつをプラスするだけで、グッと自分らしく、そして参列者のみんなに喜んでもらえる式になるんですね♡

“今の自分”だからこそ挙げられる式を♡

いかがでしたでしょうか?結婚式迷子になっている大人女子のみなさんに少しでも役に立てば幸いです。

“今の自分”を最も美しく魅せるドレスを選ぶポイント、そして、参列者の方々へのおもてなし精神など、大人女子のための自分らしいウェディングスタイルのヒントをご紹介しました。

「ENEKO TOKYO」の式場の雰囲気や、「SOPHIE ET VOILA」のウェディングドレスなど、動画にもまとめてありますので、是非こちらもチェックしていただけたら…♡

関田 知子

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧