• HOME
  • MYRALS
  • BODYCARE
  • その日のむくみはその日のうちに!日常に取り入れられるむくみ対策で愛され美脚へ♡

その日のむくみはその日のうちに!日常に取り入れられるむくみ対策で愛され美脚へ♡

夕方になるとヒールがキツくなる、脚が重たい感じがする…そんな悩みを抱える女性は多いもの。むくんでしまった脚は気分までをも一気にだるくさせてしまいますよね。

しかも、むくみは放っておくと脚を太くしてしまう原因になってしまうのです。よく「その日のむくみはその日のうちに!」と言いますが、まさにその通り!

せっかくダイエットを頑張っていても、脚がむくんでいてはスリムに見えません。そこで今回は、憎きむくみを定着させないために、日常に取り入れられるむくみ対策方法をご紹介します。

女度を上げるヒールは“ここぞ!”という時だけに♡

背を高く、そしてスッとした美脚に見せてくれるヒール。美意識が上がるアイテムとしても人気です。

しかし、ヒールばかり履いていると、足の指を上手に動かすことができなくなり、ふくらはぎや太ももに負担がかかり、脚のむくみの原因となるのです。

ヒールが高ければ高いほど、より、つま先に重心がかかってしまい、ふくらはぎに力が入りっぱなしの状態に。ヒールを履いていて、脚が疲れやすくなるのもこれが理由です。

ヒールDAYは指体操とマッサージを忘れずに!

もちろん、ヒールを履くことで気持ちが引き締まったり、女性らしい所作が身につくこともあるので、悪いことばかりではありませんし、職業柄ヒールを履かないといけない方もいますよね。

ヒールを履いた日は足の指をよく動かしてマッサージを欠かさないようにして、その日のむくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

また、休日やたくさん歩く予定の日はできるだけヒールでない靴を、もしくは低めのヒールを選ぶと◎!

ちなみに美脚美女が多い美容大国と言われる韓国では、普段ヒールを履かないという方が多いんだそうですよ♡

オススメのマッサージオイル

■ポール・シェリー『リンパハーバルオイル』
ハーブの甘い香りが心地よく、心と身体に深いリラクゼーションを与えるボディ用オイルです。浸透が早く、ベタつかず、ボディにやさしく働きかけます。マッサージ効果により、全身のリンパの流れを促進します。

入浴後、肌が少し湿った状態で手に適量をとり、リンパの流れに沿って手足、首まわり、わき等に塗ります。手は末端から心臓に向かって、脚のむくみには脚の裏側(内側)を足首からつけ根に向かって丁寧にマッサージします。

マッサージするほどの気力が残っていない時でも、この『リンパハーバルオイル』を塗るだけで、むくみが軽くなる気がするという口コミも多数ある実力派のオイルです。

※妊娠・授乳期間中はご使用をお控えください。

座り仕事のむくみって怖い!?

座り仕事の方は、ずっと同じ姿勢でいることで、血の巡りが悪くなってしまい、むくみが悪化してしまいます。座り仕事には、立ち仕事とはまた別の辛さがありますよね。

座り仕事の脚のだるさは、飛行機に長時間乗ったときに起きるエコノミー症候群に似ています。長時間座りっぱなしという方には、同じようなことが起きているのです。

集中して仕事していると、時間が経つのを忘れてしまい、何時間も座りっぱなしなこともあるでしょう。しかし、これを放っておくと、むくみだけでなく、脚がつってしまったり、最悪の場合には血栓ができたりと、結構怖いことなのです。

むくみ対策できる足元を!

脚がむくまないように、1時間に1度は例え用事がなくても立ち上がってみたり、お手洗いに行くなど、とにかく立つことを意識しましょう。できれば、軽めのストレッチなどもできると尚良し!

簡単にできるのは、椅子に座った状態で片足を伸ばし、かかとをフレックスの状態にして、脚を上げ、ふくらはぎが伸びているのを感じましょう。椅子に座った状態でできるので、オフィスでも目立たずにできるはず。

また気づいた時にはふくらはぎを軽く揉むことを習慣化するとより効果的です。

そして、オフィスは温度設定が女性にとってベストでないこともしばしば。仕方のないことだと嘆かずに、着圧が強いタイツやストッキングを選ぶことも重要です。

オススメの着圧

プライムスリムレッグレギンス
日本製にこだわり、強くしなやかな糸で縫製しており耐久性に優れ、繰り返し着用できます。また毛玉ができにくいのも特徴です。強着圧で履いた瞬間、誰でも愛され美脚に導きます。

外へ履いていける強着圧のものって探すのが中々大変ですが、ブラックならばどんなスタイルにも◎!パンツスタイルのオフィスカジュアル時にも、下にプライムスリムレッグレギンスを履いておけば、キュッと気持ち良い着圧でむくみ対策に。

自分に合った水分の量を知っておこう!

お水をたくさん飲むと、身体の巡りが良くなってあらゆる面で美容に良いと言われていますよね。しかし、冷え性の方やむくみやすい方にとって過剰な水分摂取は余計にむくみを悪化させてしまいます。

代謝が良くない方、運動をあまりせずに汗をかかない方はお水をたくさん飲んでも、排出されずに身体に溜まってしまうのです。

とはいえ、水分が不足すると、水分が排出されにくくなってしまうので、それもそれでむくみを促進してしまうことに…。

循環を良くして身体の中から美しく!

対策方法は、冷たいお水でなく、常温か白湯にし、一気に飲むのではなく、ちょこちょことできるだけこまめに飲む習慣をつけることです。目安は1日1.5リットルくらい。

また、運動する習慣を取り入れられるならば是非!筋肉がつくとゴツくなるかもしれないと思っている方もいるかもしれませんが、女性の筋肉は相当ハードな筋トレをしないとゴツくなりません。

運動をして鍛えることで筋肉がつき、代謝が上がるので摂った水分が汗となって排出され、身体の中から健康的に美しくなります。

運動が苦手な方や、日々のスケジュールをこなすことでいっぱいいっぱいな方は、バスタイムを活用しましょう。半身浴や全身浴で身体の芯から温まり、血の巡りを良くすることも効果的です。リラックス効果もあるので、疲れている時こそ、ゆっくりと湯船に浸かりましょう。

オススメの入浴剤

■エプソムソルト
エプソムソルトとは硫酸マグネシウムの一般的な名称です。ソルトと名前についているので塩分が含まれていると思いがちですが、塩分は含まれておらず、硫酸マグネシウムの純粋な結晶です。細粒なので、肌にも優しく、浴槽を傷める心配もありません。

エプソムソルト入浴に直接的なダイエット効果はないとされていますが、エプソムソルト入浴で汗をかくことで、むくみが解消されます。

またエプソムソルト入浴をする場合は、約10分~20分間にしましょう。あまりに長く入りすぎるとぐったりとしてしまうこともあるので、最大20分間がベスト。

何も入れていないお湯に浸かるよりもエプソムソルトを入れて入浴すると、びっくりするほど発汗するので、10分入浴して、少し休憩(ボディスクラブをするなど)して、また10分入浴するなど自分にぴったりのバランスを見つけてみましょう。

食事も気をつけてむくみ解消!

日々の食生活が、私たちの身体を作っていると言っても過言ではないほど大切。むくみ解消に効果的なカリウムという成分を多く含んでいる食べ物を意識してみるのもひとつの手。

カリウムには利尿作用があり、身体の中の塩分を外へ排出する働きがあるので、むくみにくい身体にする効果が期待できます。

オススメの食べ物は、海藻類・スイカ・メロン・バナナ・キウイ・大豆・アボカドなど。

しかし、ミネラルの1種であるカリウムには、身体を冷やす作用もあるということも知っておきましょう。身体の中の塩分を外へ排出すると同時に熱も放出するのです。栄養素とは違いますが、食べ物に含まれる水分も身体を冷やします。

むくんでいるからとカリウムを多く含む食べ物ばかりを摂取するのではなく、あくまでもバランスの良い食生活を送ることが理想的です。

摂るべきタイミングも大切!

また、カリウムを多く含む食べ物は、眠るだけの夜よりも、これから活動する朝に摂る方がベスト。

そして、むくみが気になるときには塩分をなるべく控えることも意識しましょう。外食ばかりの日々が続いている方は要注意!知らず知らずのうちに塩分を多く摂りすぎてしまっていることも。

できるだけ、自炊をして塩分の調節をできるように心がけることもむくみ対策のひとつと言えます。

少しの心がけでスラッとした愛され美脚へ♡

脚のむくみは放っておくとセルライトになってしまいます。セルライトになってしまってから解消するのはむくみ対策するよりもよっぽど大変…。

しかも、脚がむくんでいると脚が太く見えることはもちろんのこと、全体的に太って見えてしまうんですよね。やっぱりスラッとした美脚は大切!

日常のちょっとしたタイミングごとにポイントをおさえておけば、むくみを翌日に持ち越すことなく、毎日すらりとして美脚で1日をスタートできます。

また、脚のむくみによって、下半身がグッと重くてだるい感じが抜けないと気持ちまで下がってしまうことも。脚が軽くなると、前向きで明るい気持ちになれるはず♡

今回ご紹介したむくみ対策方法で、ひとまわりもふたまわりも細い愛され美脚に近づきましょう!

MYRALS 編集部

MYRALSは大人女子のための美容情報サイトです。 美の基準を上げるサポートするため"自分のリアルを高めよう"をテーマに、美容ニュースやコスメ情報などいつま...

プロフィール

関連記事一覧