• HOME
  • MYRALS
  • SKINCARE
  • 毎日の習慣でキュッと上向き美肌に!肌をキレイにするモーニングスキンケアルーティン♡

毎日の習慣でキュッと上向き美肌に!肌をキレイにするモーニングスキンケアルーティン♡

毎日の習慣でキュッと上向き美肌に!肌をキレイにするモーニングスキンケアルーティン♡

キュッと引き締まった若見え美肌は、どんなメイクアップよりも美しく見せてくれる最高の武器!

今日からできる、日常生活の中で無理せずとも簡単に取り入れられる、肌をキレイにするモーニングスキンケアルーティンをご紹介します♡

肌がキレイになれば、もちろんメイクのりも良くなりますし、もっと言えばファンデーションを塗るのがもったいない!と感じるまでに。

難しいことはひとつもないので是非試してみてくださいね。

朝のスキンケアスタート!

1日の始まりは透明感のあるもっちり美肌でスタートしたいもの。

普段のスキンケアアイテムを変えるのではなく、今使っているものの使用方法を変えるだけなど簡単なポイントで、ワンランク上の美肌へ。

朝も洗顔料はマスト!

乾燥肌だからと朝はぬるま湯のみで洗顔する方もいますが、洗顔料を使った洗顔がオススメ。

というのも、夜のスキンケアの油分の酸化した汚れや、寝ている間に布団のダニや汚れなどが付着したり、分泌された皮脂の汚れ、新陳代謝で剥がれ落ちた角質などがぬるま湯だけではきちんと落ちません。

また、朝のスキンケア成分がしっかり浸透しやすくなるというメリットもあるので、朝もきちんと洗顔料を使って洗顔するのが◎!

予洗いしてから洗顔料をON!

洗顔の前は必ず手をしっかりハンドソープで洗い、清潔な状態にしてからスタートします。

そして顔が乾いたままの状態で洗顔料をのせるのではなく、ぬるま湯で予洗いをしてから洗顔料をのせていきましょう。

枕や布団の細かい埃がついていたり、寝ている間に分泌された皮脂が残っているため、まずは余分な汚れをぬるま湯でサッと落としてあげます。

泡タイプの洗顔料で擦らず押し洗い!

朝はペースト状の洗顔料から、ふわふわの泡を作る時間がないという方も多いと思いますので、泡で出てくるタイプの洗顔料がオススメです。

まずは3プッシュほど手に出し、皮脂が多く残っている小鼻の周りやTゾーンを中心に泡をのせていきます。

さらに3プッシュほど手に出し、額、顎、頬、そして目元に泡をのせ、両手で優しく、泡で顔全体を包み込みます。

上下左右に擦らないようにするのがポイント!特に皮膚の薄い目元周りは注意しましょう。

泡で顔全体を包み込んだら、ぬるま湯で流していきます。

髪の生え際や顎下、もみあげあたりまで、洗い残しがないようにしっかりと流してください。

タオルで拭かずに化粧水へ!

洗顔後にタオルやティッシュ、ペーパーなどで顔の水分を拭き取ることはしません。

顔から一瞬たりとも水分がなくなり乾いた状態にしないこと。

洗顔後の顔に残った水分は両手のひらで軽く叩き込み、水分がなくなる前に化粧水を。

洗顔後すぐの化粧水はサラッとした水っぽいテクスチャーのものがオススメです。

こちらを2回ほど顔全体に叩き込む、もしくはコットンで2回ほど顔全体を拭き取っていきます。

その後、もう少しこっくりしたテクスチャーの化粧水を2回ほど、顔全体に馴染ませ、叩き込みましょう。

5〜10分の化粧水パックを!

一般的に美容液パックは15〜20分ですが、化粧水パックは5〜10分の放置時間が記載されています。

美容液パックは化粧水後、化粧水パックは洗顔後すぐと記載されているものが多いです。

化粧水パックを洗顔後すぐに使っても良いですが、顔全体くまなく潤し、土台を整えてからさらに水分チャージするために、化粧水パックでも化粧水の後に使用することをオススメします。

朝は、短時間で済む5〜10分の化粧水パックで簡単にうるおい肌に。

化粧水パックでなくても、コットンにたっぷりの化粧水を浸したコットンパックでも◎!

パック時間は必ずスマホのタイマーで測って、剥がし忘れのないように、時間はきっちりと守りましょう。

長くパックを貼っていると、肌の水分が乾いてしまい、逆効果になってしまいます。

時間が来たら下から上へパックを剥がし、パックを4つ折りにして、顔全体をパッティングしていきます。

首やデコルテ周りも忘れずに!

軽めのマッサージで顔をほぐす!

パックでパッティングしたらすぐに、軽めのマッサージで顔をほぐしていきます。

顎の骨に沿って人差し指と中指の第二関節で挟みながら、顎下から耳の下まで滑らせ、耳の下まできたらそのままグリグリと押し、首のリンパから鎖骨まで流していきます。

もう少し時間があるときは、頬骨を押し上げたり、目のツボを押したりしてもOK。

美顔ローラーなどを使用するのも◎!

美容液はしっかり浸透させる!

次に美容液を肌に与え、栄養チャージ!

美容液を叩き込み、肌の奥まで浸透させたら、2〜3分ほど待ってから次のステップへと進みましょう。

朝のスキンケア時に、美容液を省略するという方もいますが、肌に栄養を与えてあげるためにも、その時の肌が欲している効果が期待できる美容液を使うことがオススメです。

乳液は絶対!乾燥肌の方はクリームをプラス!

続いて保湿ですが、乳液は油分の量が少なく、肌によく馴染むので必須!

乾燥肌の方や、乾燥が気になる日はさらにその上から、油分全体の量が多く、より保湿効果が高いクリームをプラスしましょう。

アイクリームは若ければ若いうちからが効果的!

すでに目元のシワやたるみが気になり始めてからでは、一足遅いと言われているアイゾーンのケア。

若ければ若いうちから使うことで将来の予防にも繋がるので、朝もアイクリームは欠かさずに!

製品にもよりますが、基本的には乳液の後、クリームの前に使用しましょう。

目元を囲むように上下に点置きし、指の中で1番力が入りづらいと言われている薬指の腹で優しく目頭から目尻にかけて伸ばします。

目の下の部分は目尻まで伸ばしたらそのまま3秒程キープ!これでピンッとハリのある目元に。

スキンケアがしっかり肌に馴染んでから日焼け止めを!

ここまでのスキンケアがしっかりと肌に馴染むまで、最低でも10分は待ってから日焼け止めを塗りましょう。

そのままの流れで日焼け止めを塗ってしまうと、ヨレてしまうことがあります。

もし、どうしても時間がないという時は、日焼け止め効果のある乳液を使えば時短に。

紫外線対策は美肌のために365日、毎日欠かさずに、メイクをする予定がない日でも、外出の予定がなくても、日焼け止めまで塗ってこそ、朝の一連のスキンケアルーティンが完成すると思って♡

日中は乾燥が気になる前に、スプレーミストで定期的に保湿して美肌を保ちましょう!

関田 知子

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧