• HOME
  • MYRALS
  • BODYCARE , LOVE
  • “瞑想×お茶”で疲れた脳をリフレッシュ!メディテーションスタジオ「Medicha」体験レポート

“瞑想×お茶”で疲れた脳をリフレッシュ!メディテーションスタジオ「Medicha」体験レポート

“瞑想×お茶”で疲れた脳をリフレッシュ!メディテーションスタジオ「Medicha」体験レポート

昨年、東京・南青山にオープンしたメディテーションスタジオ『Medicha(メディーチャ)』。

欧米で人気に火がつき、今や日本でもハマる人が続出しているメディテーション(瞑想)と、お茶を融合させたホットスポットです。

自分自身で思っている以上に疲れている私たちの脳。

「忙しい脳を休ませよう。」と思っても考え事が頭の中を巡って、休ませられない日々。

でも『Medicha』に行けば、考え事が浮かんでも、香りや音、呼吸など別のことに意識を向けられ、メディテーションを通して、疲れた脳のリフレッシュができます。

多忙な大人女子たちにこそ是非体験してほしい、『Medicha』の脳を休ませるメソッドを体験レポートと合わせてご紹介していきます♡

『Medicha』で自分に余白をつくる贅沢な時間を♡

南青山のに佇む、おしゃれな外観の『Medicha』。

「自分に余白をつくる贅沢な時間」というコンセプト通り、『Medicha』をライフスタイルに取り入れると、もっとあなたらしく、軽快な日々を過ごせるようになる…そんな場所です。

“マスト”ではないことだけれど、忙しくても時間を無理に作ってでも取り入れた方が、今よりもっと心も身体も幸せになれる。

『Medicha』の特徴は、ただメディテーションするだけでなく、アートと煎茶文化を融合することで、感情と思考のデトックス効果を高められること。

メディテーションに慣れていない、やったことがないという方でも、大丈夫♡

スッと心が落ち着き、脳が軽くなる、不思議な感覚を1度体感したらやみつきになること間違いなしです。

4STEPのメディテーション

『Medicha』では、4つのステップに分けられたトータル80分のメディテーション体験ができます。

体験中はステップごとに異なる部屋をめぐり、感情や思考をデトックスします。

服装は普段着で大丈夫。動きやすいスタイルの方がオススメです。手ぶらでもOK!

STEP1.2.五感を解放する「Immersive Meditation」

真っ白に統一されたミニマルな空間と、暗闇の中で星空に包まれるような空間を、自分のペースで行き来します。

サウナと水風呂のようなイメージをすると分かりやすいです。

サウンドやライティングに浸り五感を解放しながら、思考や感情を一旦横に置き、次のステップに向けてマインドフルな状態に整えます。

真っ白の空間は、どこか異次元に来てしまったかのような感覚に。

暗闇の空間は、天井にキラキラ光る星空を眺めるも良し、目を閉じるも良し。

どちらの空間も中での過ごし方は自由とのことなので、座っていてもいいし、寝転がってもいい、大の字になってもOK!

その空間で、今の自分が過ごしやすい、心地よいと感じるスタイルで過ごします。

STEP3.内面を整える「Guided Meditation」

メインは、竹と木のドームでのガイダンスメディテーション。

内面を整えるインナースキルが身につくオーディオガイダンスを、こちらの6種類(日・英)から選ぶことができます。

■1.『My Core』前向きな気分に整えたいとき
忙しい日々の中、つい見落としがちな「大切なもの」に立ち返ります。どのような状況でもしなやかに内面を回復する力「レジリエンス」が高まります。
■2.『Clear』思考や感情を整理したいとき
うまく対処ができないモヤモヤを感じるときに。感情と向き合って、考えや気持ちを整理し、次の1歩を踏み出す方向をクリアにします。
■3.『Feel the Sound』カラダもココロも脱力したいとき
とにかく疲れた!休息が必要なあなたには、サウンドに浸る音のマインドフルネスを。たまには思考をストップし、思いっきり脱力しましょう。
■4.『Loving Kindness』自他に優しくしたいとき
余裕がなくて物事がうまくいかないときに。自信や穏やかな気持ちが生まれ、思いやりをもって接する力「コンパッション」が高まります。
■5.『Reset』感情を受け流したいとき
イライラや悲しみなどの感情に飲みこまれてしまいそうなときに。気持ちがリセットされ、感情を受け流す「ストレスマネジメント力」が身につきます。
■6.『Visualize』目標に向けて気分を高めたいとき
パフォーマンスを発揮できるのはどんなとき?自分のビジョンをより明確にしたいあなたへ。目標達成に向けて、内面を整えていきましょう。

落ち着く香りと共に、ゆったりとしたリフレクションの時間を過ごします。

STEP4.気づきを落とし込む「Tea Meditation」

「自分のために丁寧に淹れたお茶」として生まれた煎茶文化を味わいながら、気づきを落とし込む空間。

煎茶工芸を代表する作家がひとつひとつ丁寧に作り上げた茶器とともに、ホッと一息。

自分自身の気づきを振り返りながら上質なひとときを素敵な空間で過ごします。

『Medicha』体験レポート

眠る前に考え事をしてしまって眠れなくなる、考えない様にと思えば思うほど考えてしまう…と、そんな経験がある方は多いのではないでしょうか。

私もそのうちのひとり。

アプリで瞑想用の音楽を聞きながら目を閉じてみたりしたことはあるけれど、感想は「うーん…イマイチ。」という感じ。

メディテーションに興味があるかないかと言われたらあるのだけれど、自分にも効果があるのかという部分は半信半疑、そんな私が今回『Medicha』で“ホンモノ”のメディテーションを体験してきました。

スマホを預け「自由に動いてOK」と言われた時の戸惑い

受付の奥のロッカースペースに荷物を預けるのですが、スマホやPC、時計を置いて、デジタルデトックスをするのも『Medicha』のポイント。

友人と頻繁に連絡を取るタイプでもなく、電話はあまり好きじゃないし、SNSもなければないで特に大丈夫なので、昔はたまに自分でスマホをクローゼットに閉まって触らない日を作ったりしていたくらい、デジタルデトックスに抵抗がないタイプの私。

ですが、今のライフスタイルになってから突然の仕事の連絡も多く、24時間365日ONな状態が続いており、デジタルデトックスからはもちろん遠ざかっていたので、スマホを預けたことだけでスッと肩が軽くなった感覚にまず自分で驚きました。

「今は『Medicha』に来ていて、ここではスマホを預けないといけないから。」という、スマホから離れる大義名分があったからこそ、軽くなれたんだと思います。

早速、明暗が対照的な2つのお部屋を自由に行き来して、次のメインステップへ向けてマインドフルな状態に整えます。

最初は真っ白の空間へ。何もない真っ白な空間は、自分が立っているのに浮いている様な、近未来的で不思議な感覚。

「好きなスタイルで自由に過ごしてくださいね。」と言われたはいいものの、自分の落ち着くスタイルが中々見つからず、暗闇の空間へ移動することに。

暗闇の空間は、入った瞬間「あ、好きな感じ。」と思いました。

すごく明るいところから真っ暗のところに移動してきたので、最初は全く何も見えなくて、恐る恐る進み、とりあえず寝転がってみることに。

天井がキラキラしていて目を開けていても心地良いし、音楽に耳を傾けながら目を瞑っていても気持ち良い。

あまりに心地良すぎて、行ったり来たりせずに、時間までこの暗闇の空間で過ごしました。

「疲れた!思考をストップしたい!」けど本当にできるの?

続いてはおしゃれな竹と木のドームでメインとなる、ガイダンスメディテーションです。

6種類の内面を整えるインナースキルが身につくオーディオガイダンスから、気分やシチュエーションにあわせて選ぶことができます。

どれも魅力的ですごく迷ったのですが、初めての方にオススメと言われた中から今の私が1番求めているものをチョイス。

カラダもココロも脱力したいときにぴったりの、『Feel the Sound』にしました。

“とにかく疲れた!休息が必要なあなたには、サウンドに浸る音のマインドフルネスを。たまには思考をストップし、思いっきり脱力しましょう。”と書かれている『Feel the Sound』の説明文。

「疲れた!思考をストップして脱力したい!」と思ってこれに決めたのですが、私は思考をストップできたことがなく、しようとトライしても失敗ばかりだったので、本当に思考ストップして思いっきり脱力できるのかちょっと不安。

そんな不安な気持ちを一掃してくれるきっかけとなったのが、始まる前に手首に2〜3滴垂らすオイル!

インドで栽培された希少で貴重な植物から作られ、5000年前のアーユルヴェーダの知恵を基に構築された、贅沢な美容と健康のための「UMA」というオイルです。

こちら、嗅いでいるだけで癒されるとっても良い香りで、本当に欲しかったのですがまだ今は日本では販売されていないとのことでした。残念。

ただ今後『Medicha』で販売していくそうなので要チェック!(※会員の方にはプレゼントとしてお配りすることもあるんだとか♡)

このオイルの香りでリラックスでき、スムーズにメディテーションに…♡

感動とスッキリ感を書き留めておきたい

メディテーション後は、これまた素敵なお部屋に移動して、煎茶工芸作家が手作りした茶器から自分の好みの器を選び、季節を感じる草花やお菓子と共に、自分のために丁寧に入れる1杯を味わいながら、気づきを振り返ります。

可愛い紙とペンが用意されていて、そこに気づきを書き留めていきます。

この気持ちはメディテーション後すぐでないと忘れてしまうような気がしたので、書ける時間があるのはとても嬉しかったです♡

その時に私が書き留めておいた言葉がこちら。

「“無”になれない…と思っていたけれど、なれました。寝て起きたような、そんな身体の心地良さ。軽くなったというよりは、心の中の重さがなくなった、スッと消えた感じ。癒されるとはこういうことかと思いました。普段の重さ(悩みなど)が解決した訳ではないのに、気持ちがスッキリしている、不思議な感覚。」

この紙は持ち帰ることができ、定期的に通っている方の中にはアルバムのようにして見返す方も多いんだそうです。

心の中の重さがなくなった!

書き留めた言葉の中でも、ひとことで表すなら「心の中の重さがなくなった」という表現が1番しっくりくるかなと思います。

考えないでいられるのかと心配していましたが、“無”になれたということも私の中では大きな収穫。

頭のスイッチをOFFにするというか、自分を取り巻くあらゆる物事から解放されたような、とにかく貴重な時間でした。

そして何よりも良かったなと思えたのは、悩みや気がかりなこと、憂鬱なことがなくなったり解決した訳ではないのに気持ちが軽くスッキリしたこと。

「こんなこと、何年(何十年)ぶりだろう?」という、本当に心地良い感覚でした。

悩みにも種類がありますが、1番難しいのが仕事の人間関係。

プライベートは幼かった頃と比べると、段々、自分と気の合う人としか付き合わなくなっていくので、今周りにいるのは本当に心地良い何人かなんですが、仕事となると「この人嫌いだから関わらないようにしよう。」というのは無理な話。

解決するというよりは、あまり自分の心に不可をかけないように努めることがベストなのでそうしていますが、それでもやっぱり人間だから色々と溜まる訳で…それが今回のメディテーション体験によって、軽くスッキリ!

もっと自分らしく、軽快な日々を送るためのデトックスタイム

「本当に来て良かった!」と心の底から思うと同時に、『Medicha』のコンセプトである「自分に余白をつくる贅沢な時間」という言葉がストンっと心に落ち着いてしっくり来ました。

何か大きなことを始める前や、大きなことを成し遂げた後などの人生の区切りのタイミングや、日々頑張る自分へのご褒美にするのも良いかもしません。

ガイダンスメディテーションの選べる6種類のオーディオガイダンスで体験したいと思うものがいくつかあったので、また訪れてみようと思います。

「まだ知らない自分に出会えた。」

どのオーディオガイダンスでも、きっとそんな新たな発見があるのだろうなと今からワクワク。

気になる方は是非体験してみてくださいね♡人生観が変わるはず!

『Medicha』概要

■住所:東京都港区南青山5-3-18 BLUE CINQ POINT C棟B1/表参道駅A5出口から徒歩4分
■電話番号:03-3287-5519(火曜日~金曜日:10:00~17:00)
■営業時間:火曜日~金曜日:14:30~23:00(月曜日定休)週末/祝日:11:00~19:30

関田 知子

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧