• HOME
  • MYRALS
  • FOOD , TREND
  • 35周年記念!“五感”で味わう♡抹茶尽くしのコースメニュー『Häagen-Dazs MATCHA SALON』

35周年記念!“五感”で味わう♡抹茶尽くしのコースメニュー『Häagen-Dazs MATCHA SALON』

ハーゲンダッツ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:栗原信裕)は、五感で味わう抹茶 尽くしのコースメニューを提供する『Häagen-Dazs MATCHA SALON』(ハーゲンダッツ マッチャサ ロン)を4月24日(水)から5月5日(日)まで、東京・六本木ヒルズにあるカフェ&スペース「ヒルズ カフェ/スペース」内にオープンします。

“特別な体験”とともに“五感”で味わうことができる期間限定のコースメニュー

1984年に日本で販売を開始して以来、今年で35周年を迎えるハーゲンダッツ。そんな節目の年に、日本市場向けフレーバー第1号である「グリーンティー」のおいしさやこだわりを感じられる、『Häagen-Dazs MATCHA SALON』が期間限定でオープン!
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感をフルに活用してハーゲンダッツこだわりの抹茶が楽しめる体験型コース(6品)を堪能できます。

日本で初めて開発したこだわりのフレーバー「グリーンティー」

ハーゲンダッツの日本市場向けフレーバー第1号である「グリーンティー」は、1996年に発売以来、愛され続けています。今では常にハーゲンダッツの人気ベスト3にランクインするハーゲンダッツ ジャパンを代表する人気フレーバーとなり、海外のハーゲン ダッツでも発売されるまでになりました。


「グリーンティー」の発売以前、ハーゲンダッツ ジャパンではアメリカで開発されたフレーバーのみのメニューでした。
しかし、「もっと日本のお客様のご要望にお応えできる商品開発を」と考え、ハーゲンダッツ ジャパン初のフレーバーに日本で数百年の歴史がある「抹茶」を選び、“クリーミーな味わいのハーゲンダッツアイスクリーム”と“香り高くほろ苦い抹茶”を両立させるために、試行錯誤を重ね、現在の「グリーンティー」が完成したのです。

厳選されたハーゲンダッツ専用ブレンド茶葉を使用

茶葉は非常に管理が難しく、天候などにより微妙にお茶の味が変化します。ハーゲンダッツの「グリーンティー」として一定の品質を保つため、審査専門スタッフが官能検査を行い、ハーゲンダッツ専用に茶葉をブレンドしています。

徹底した茶葉の管理

抹茶は熱や光に弱いため、茶葉を粉砕する工程は光を入れず暗くした部屋の中で行われています。また、茶葉に余計な熱をかけないよう、金属に比べて熱が発生しにくい石臼を使って丁寧にひいています。そのため、1台でひける抹茶の量は1時間にわずか数十グラムなのです。

品質を保つための遮光カップを使用

グリーンティーアイスクリームは光に非常に繊細で、それまでのカップでは品質劣化につながるため、 「グリーンティー」の開発に合わせて光を通しにくい遮光カップを開発しました。

『Häagen-Dazs MATCHA SALON』試食会へ行ってきました!

期間限定で六本木ヒルズにてオープンする『Häagen-Dazs MATCHA SALON』の試食会へ一足先に行ってきました♡
抹茶をテーマにした店内はシックな雰囲気。

抹茶づくしのコースメニュー

〜CORSE MENU〜
■グリーンティーとライムのカクテル(ノンアルコール)
■フォアグラのクリスピーサンド グリーンティーフレーバー
■3種の濃さの抹茶ティラミス
■暗闇に覆われた抹茶ジュレ
■抹茶入り緑茶
■至福のハーゲンダッツ グリーンティー

コース料理を監修したのは南青山「L’AS」のオーナーシェフ 兼子 大輔さん。

グリーンティーとライムのカクテル(ノンアルコール)

最初のメニューはノンアルコールカクテル。どんな味なんだろう…?と思いましたがひとくち飲んでびっくり!
ライムがアクセントになっていて、とっても爽やかな口当り。暑さを感じ始めた今のシーズンにぴったりです。
とても美味しくてひとくち、またひとくちと進んでしまいますが、これから出てくるメニューとの相性が抜群だということで、ゆっくりといただきました!

フォアグラのクリスピーサンド グリーンティーフレーバー

続いてはこちら。「フレンチ×抹茶」という想像がつかない組み合わせが今回のコースメニューの特徴でもあります。
フォアグラ風味なのかな?と思いきや、しっかりとフォアグラ!!
フォアグラとグリーンティーを繋げてくれているのが、隠し味のトロピカルソース。
濃厚なフォアグラとグリーンティーの風味が、トロピカルソースによって口の中で上手いことマリアージュされるんです。手のひらサイズですがこちらひとつでもかなりの満足感!

3種の濃さの抹茶ティラミス

まさにインスタ映えなティラミス。こちらは色が薄い方から濃い方へどんどん抹茶の濃度が濃くなっています。
色が薄い方が甘く、濃くなっていくにつれて大人な味に♡甘い方から順番に、また濃い方から甘い方へ戻ったり…と、好みで抹茶の濃度を楽しみながら味わえます。

暗闇に覆われた抹茶ジュレ

エンターテイメント性が高い!!実はこちら、最初は名前の通り暗闇に覆われて出てきます。
そこに店員さんが火を…!!
想像以上に燃えました!火をつける前に店員さんに「動画の準備は大丈夫ですか?」って言われた意味がよくわかる!ストーリーズ映えです♡
火が収まっていくと…暗闇の中から抹茶のジュレが♡
キウイフルーツやシャインマスカットなど、グリーンフルーツをメインにさっぱりとした抹茶のジュレ。
さっぱりとしていて、お口直しにぴったりのメニューです。

抹茶入り緑茶

ここでホッと一息♡温かい抹茶入り緑茶が登場。
シンプルですが、味にとても深みがあって胃袋が優しく包まれる感じです。

至福のハーゲンダッツ グリーンティー

最後の締めは、ハーゲンダッツ グリーンティー!やっぱりハーゲンダッツのアイスって美味しい♡と改めて思います。
こちらと先ほどの抹茶入り緑茶を一緒に味わう至福の時間。最高です。
ちなみにこちらはお皿が二段になっていて、下にはドライアイスが。ここに店員さんが液体を注ぐと…
こんな感じで煙に包まれて幻想的な感じになります♡
こちらもストーリーズ映え!ちゃんと注ぐ前に店員さんが「動画の準備は大丈夫ですか?」と声をかけてくれます♡

楽しみながら味わえる、まさに“五感”で味わう抹茶づくしのコースメニュー。
是非みなさんも体感してみてくださいね♡

『Häagen-Dazs MATCHA SALON』(ハーゲンダッツ マッチャサロン)概要

【期 間】 2019年4月24日(水)〜2019年5月5日(日)
【営業時間】 11:00~22:30 ※1時間入れ替え制
【場 所】 東京都港区 六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2階 「ヒルズカフェ/スペース」
【販売商品】ハーゲンダッツ グリーンティーアイスクリームに使われている抹茶を使用した、味覚だけではなく五感全体でハーゲンダッツのこだわりを味わえる体験型コース(6品)。

関田 知子

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMD、Webメディアディレク...

プロフィール

関連記事一覧