• HOME
  • MYRALS
  • LOVE
  • いつまで経っても“運命の人”に巡り逢えない!その原因と解決方法とは

いつまで経っても“運命の人”に巡り逢えない!その原因と解決方法とは

いつまで経っても“運命の人”に巡り逢えない!その原因と解決方法とは

「かっこよくて優しくて、性格がぴったり合って、経済的に安定していて、ずっとワタシのことだけを愛してくれる…そんな“運命の人”にいつになったら巡り逢えるの!?」

と思っている方、もしかしたらその原因はあなた自身にあるかもしれません。

この記事を読み終えた頃には、少し心が穏やかになって、前向きな気持ちになって、そろそろ“運命の人”と出逢える気がする温かい気持ちに包まれているはず♡

今回は、いつまで経っても“運命の人”に巡り逢えない原因と解決方法をご紹介していきます。

「素敵な出逢い方フィルター」かかってない!?

毎回素敵な人と出逢うと、「きっとこの人が“運命の人”に違いない♡」と気分が盛り上がるのに、少し時間が経つと「やっぱりちょっと違かった…。」と落胆するというループを繰り返している方は、もしかしたら出逢い方にこだわりすぎているかも!?

確かに“運命の人”との出逢いは、ロマンチックでおしゃれな方がそれっぽいですし、気持ちも盛り上がります。

しかも、あなた自身の中にある、「この人って“運命の人”かな?どうなのかな?」という悩ましい気持ちを、素敵な出逢い方によって「絶対にこの人は“運命の人”に決まってる♡」と勝手に自分自身で後押ししている節も。

本当にその人が“運命の人”かどうかは、出会ってすぐには誰にも分からないもので、何年も経ってから「やっぱりこの人が“運命の人”だったんだ♡」と確信する、そんなものです。

むしろ「素敵な出逢い方」というフィルターがかかってしまい、実際は問題がたくさんありそうな人でも“運命の人”だと思い込もうとしちゃう方が危険!

相手がどんな人かも、相性が合うかどうかも、すぐには分かりませんので思い込みで熱を上げずに、冷静に判断しましょう。

いつどこで“運命の出逢い”があるかは分からないからこそ“運命”!

“運命の人”と素敵な出逢いをしたい!と強く思っている人ほど、本当の“運命の出逢い”に気づけていない可能性が高め。

というのも、どんなところに“運命の出逢い”が転がっているか分からないからこそ、本当に“運命の人”なんです。

「きっとこういうところで出逢うはず!」と勝手に決めつけて、最高級のお洒落をしても不発で終わってしまうことが多いのなら、見方を変えてみましょう。

いつどんな時“運命の人”に出逢っても良いように、最高級のお洒落とまではいかなくても普段から恥ずかしくない格好で、言動で過ごしてみて♡

きっと、「こんな記事を読んだなぁ。」なんて忘れかけている頃に、“運命の人”に巡り逢えているはずです。

“運命の人”と出逢っているのに終わらせちゃったんじゃない!?

もしかしたら、すでに“運命の人”に出逢っている可能性だって十分にあります。

「あの人が“運命の人”だったのかなぁ?」「あの時別れた元彼が“運命の人”ってこともあるのかなぁ?」と色々と思い浮かぶ人がいるかもしれませんね。

確かに、今あなたの脳内に浮かんでいる人こそが“運命の人”だったかもしれません。

でも、その人とは何か原因があったから今一緒にいないわけです。

過去のことを後悔してももう遅いですが、なぜそうなってしまったのか、大人になった今だからこそもう1度考えてみてもいいかも。

きっと「あの時は幼くてあんな風にしてしまったけど、今ならあの人の気持ちも理解できるなぁ。」とか「もっとこうしてあげればよかったのかな?」とか「あんな言い方じゃない他の言い方もできたよね。」とか、思うところがたくさん出てくるはず。

今のあなたがそう思えるだけで、それに気づくことができただけで、その“運命の人”とのお別れは意味のあるものになります。

だから、後悔はせずに次の“運命の人”に出逢う準備をスタートしましょう!

“運命の人”に出逢えたら同じ失敗は繰り返さない!

また“運命の人”に巡り逢えたら、もうあなたは過去と同じ過ちは繰り返さないはず。

頭に血がのぼって、ついつい心にもない酷い言葉を言いそうになっても、今のあなたなら深呼吸して、その言葉を飲み込むでしょう。

思い切った行動を取る前に1度冷静に話し合うこともするかもしれませんね。

気持ちは言葉にして伝えないと伝わらないということを学んだあなたなら、次は必ず言葉にして伝えるでしょう。

そうやって1度失敗したからこそ、あの頃よりも確実に大人に成長した素敵なあなたなら、次に出逢う“運命の人”とは必ず永遠に幸せな日々を送ることができるはず♡

“運命の人”じゃなくて“運命の肩書き”に惹かれてない!?

大人になってくると将来のことも考えてしまうからこそ、昔のように純粋な気持ちだけでは「“運命の人”だ!」と判断しづらくなってくることもあります。

「この人、とても優しくて思いやりもあるし、一緒にいて穏やかな気持ちになれるけど、“運命の人”にしては年収がちょっと…。」なんて、思ってしまっていませんか?

“運命の肩書き”にばかり目がいってしまっているうちは、本物の“運命の人”には出逢えません。

むしろ“運命の肩書き”に惹かれている時間が勿体無い!

中には、「“運命の肩書き”=“運命の人”」という方もいますが、それは人それぞれ。

後々、「家に帰ってくる時間が遅すぎる!」とか「もしかしたら他の女の子でもいるのかも?」とか「仕事ってどこまでが仕事なの!?」とかそういった不満を話し合うことをせずに、全て“運命の肩書き”に免じて許せるのなら、GOしちゃって良いと思います。

絶対に譲れないところと本当に求めているものを知ろう!

あなた自身が“運命の人”だと感じて、しかもカッコ良くて優しいなら、職を転々としていても、家事が苦手でもいいのかといえばそれはNOですよね。

それはあなたの「“運命の人”レーダー」が間違っているとかではなく、あなたが優しすぎるのかも。

まず、相手も大人なわけですから、人として最低限のところはクリアしていないといけないわけです。

未熟なところも可愛いと思えるのは最初のうちだけ。

実際、“運命の人”との生活だって現実なのですから、そんな甘い考えでは“運命”云々の前に生きていけませんよね。

出逢ってスタートしてしまってからでは途方もない試練になってしまう可能性もあるので、まだ“運命の人”と出逢う前に、自分が絶対に譲れないところと本当に求めているものを自分自身で知っておきましょう。

ノートに書き出してみると頭の中が整理されるのでオススメです。

いつか必ずくる“運命の人”との出逢いのために♡

誰でも必ず“運命の人”と巡り逢うことはあります。

ただ、その“運命の人”との出逢いを形にできるかできないか、継続できるかできないかの違いはあります。

今度来る“運命の人”との出逢いのために、今できることってなんだろう?と考えてみると意外とたくさん出てくることに気づくはず。

毎日を丁寧に過ごしてみるとか、内面を磨くために何か新たな努力を始めてみるとか、もっとキレイになるために、スキンケアに力を入れたり、メイクを研究してみたりとか。

あなたが“運命の人”に求めているように、あなたの“運命の人”もあなたに求めることはあるはずです。

“運命の人”との出逢いは、事前告知なしの突然の出来事ですから、その時だけ取り繕うのは無理な話。

普段からしっかりと自分自身と向き合っておくことで、いつ“運命の人”に出会っても恥ずかしいこともなく、しっかりと“運命の人”の心を掴むことができるでしょう。

MYRALS 編集部

MYRALSは大人女子のための美容情報サイトです。 美の基準を上げるサポートするため"自分のリアルを高めよう"をテーマに、美容ニュースやコスメ情報などいつま...

プロフィール

関連記事一覧